MENU

引越し独身パックの料金は?

 

引越し独身用の単身パックを使用した経験があります。

 

その時のことをいろいろ語らせて貰います。

 

引越し独身パックの見積もりに際して、業者によって価格がまちまち、かつ他社の見積額をもって根切り交渉すると、大手はどんどん価格を下げていき、当初の価格は何だったんだとむしろ不信感を持ちました。

 

しかも、ある大手引越し業者は見積もりというのに男性数人で現れ、ウンと言うまで帰らないという姿勢で怖くなりました。

 

その中で、コスコスさんは当初から価格が明瞭かつ低価格。

 

荷物がどんなに増えても引越し独身パックの価格は変わらないとキッパリ。

 

また、引越し後、重い棚の受け皿設置のため、わざわざ来訪して下さって感激しました。

 

前述したように業者によって価格がまちまちなので、適正価格がいくらなのか数社見積もりをとった方がよい。

 

梱包開梱に時間がかかるので、なるべく梱包を減らす。

 

例えば、洋服は無償のハンガーラックでの移動ならば段ボールに積めなくて良いので、必ず見積もりの際クローゼットを確認してもらう。

 

また、食器類も専用ケースがあるとないとは大違い。

 

段ボールが行方不明にならないように、常に全部で何個かが分かるように、○/全数と明記する。

 

ぜひ、ご参考にして頂ければ幸いでございます。

 

某業者の長距離独身パックを使った感想

 

引越し独身パックの見積もり料金を値切ってみた

長距離で、日にちも搬出と搬入で3日程空いてしまう引越しだったのですが、凄く安く抑える事ができました。

 

スタッフは2名で荷物1つ1つを確認しながら作業して下さいました。

 

しかし、搬出スタッフのリーダーの方がもう1人の方に指示を出す時の口調が少し気になりました。

 

お客様の前にいるという感覚ではなかったように思え、少し残念な気持ちになりました。

 

搬出後は軽く床を拭いてくれたりと、サービスは良かったです。

 

最後の忘れ物の点検なども隅々まで行って頂きました。

 

搬入に関しても、迅速丁寧でした。

 

ただ、大切にしていた楽器が1つ引越し後になくなっていたことに気がつきました。

 

搬出前から紛失していたのか、運搬時に紛失したのか分かりませんが、ショックでした。

 

問い合わせをした時も、全て受け取りましたにサインした後だったので、調べておきますという返答のみでした。

 

もっと搬入時に荷物をしっかり確認しておけば良かったと後悔が残りました。

 

今は色々なプランがあって、たとえば食器をまとめてくれるプラン、それより安くなるから事前に自分でまとめておくプランなど様々です。

 

自分の荷物や勝手をわかっているのもやはり自分。

 

私は事前に必要な段ボールを送ってもらって引越しまでにまとめておくことをお勧めします。

 

当日業者の方が来てスムーズに作業に入ってもらえるので。

 

それから、荷物が少ないとかの理由でトラックなりレンタカーで用意して自分で引越しやる方をたまに見ます。

 

しかし、レンタカーで1万円近くかかり(距離によってもっと)なおかつ作業も1人ではほぼ不可能なので誰かに手伝ってもらって、しかも素人がやるとなると時間も手間もお金も余計にかかる気がします。

 

餅は餅屋にということで、引越しする時は引越し屋さんにお願いするほうが結局満足度の高い引越しになると思います。

 

独身時代、単身パック(業者)を使わないで引越しをした思い出

 

以前の引越し時、引越し業者は利用しませんでした。

 

理由として独り暮らしをしていたために荷物の数がそこまで多くなかった。

 

また荷物も冷蔵庫やタンスといった大物は買い換えるつもりでしたので引越しの荷物のなかに含まれていなかった。

 

そして、費用を抑えたいと言うこともあり引越し業者は利用せず友人知人に頼みそれで済ませました。
(友人の中に軽トラックを保持しているものがいたため移動にかかる車の手配も問題なかった)更に引越しの距

 

離も遠くなく、同じ市内だった(車で約10分程度)為比較的時間もかからず半日で終わりました。

 

引越し業者に依頼していない分、移動中の荷物の破損に関しては保険が適用されなかったので、家具に傷や破損が出来た時、困りました。

 

相手とももめたくないので結局そのままに。

 

上記のことから、それ以降は業者に依頼するようにしています。

 

引越しを業者に頼む時のコツ

 

何度か引越しをし、前回の単身パックは日通を利用しています。

 

引越し料金は絶対に値切れるものです。

 

引越しにおいて引越し料金は最小限に抑えられたら、それにこしたことはないです。

 

まず、営業マンは多めに金額を設定し見積もりの際に提示してきます。

 

その為、必ず何社か見積もりに自宅に呼びます。

 

電話やネットでの見積もりをするより、直接呼んでしまった方が交渉がしやすいものです。

 

見積もりに来てもらう時間も考え、本命の引越し会社は最後に呼びます。

 

そして、本命の引越し会社が見積もりで出してきた金額に対し、低くならない程度に○○会社はいくらだったと伝え、それより下げてくれるなら即決する旨を伝えると必ず金額が下がります。

 

私は3度の引越しにおいてこの方法で金額を下げています。

 

更新履歴